<中国>牛乳で乳幼児3人死亡 亜硝酸塩混入か

毎日新聞 4月8日(金)19時41分配信
 【北京・成沢健一】中国甘粛省平凉市で7日、牛乳を飲んだ子供らが中毒症状を訴え、8日までに乳幼児3人が死亡、35人が病院で治療を受けた。新華社通信が8日、伝えた。

 地元当局は、食品添加物の亜硝酸塩が牛乳に混入した可能性があるとみて、出荷した農場2カ所を封鎖した。治療を受けた35人の多くが14歳以下の子供で、1人が重症という。

 亜硝酸塩は食肉加工品の保存料などとして使われるが、これまでも牛乳から検出されるケースが報告されている。中国では08年に化学物質メラミンが混入した粉ミルクにより、少なくとも乳幼児6人が死亡し、約30万人に健康被害が出ている。

----------------

福島産の牛乳の方がよっぽど安全だぞー!
ほんと風評被害には憤りを覚える。
その風評を発信したのはどこか? 安全なものを「福島産」ということだけで括るのは、全くもっておかしい。

思うに、牛乳に限らず検査し安全となったものは、「福島産 安全です!」ぐらい堂々とラベルを貼ることをしてもいいと思う。

即座に30万人に被害を及ぼす某国のものより、福島産の方がよっぽど安全だ。