ブログネタ
【比較/検証・評価】 に参加中!
近所のコンビニで、キリンラガービール 復刻版が売っていた。

キリン ラガービール 復刻版 明治 大正左から、復刻ラガー<明治>、<大正>、一応<現在版>も入れてみた。復刻版はデザインがかっこいい。

早速飲み比べてみた。うわっ、微妙〜〜! だが、濃さが違うのは明らかだ。

苦味とコクの濃い順。

明治 > 大正 > 現在

明治版が一番ホップの香りと苦味が濃く芳醇だ。続いて大正版は少し薄め、現在版はより薄い。
この違いはなんだー? アルコール度数は同じ5%、原材料を見てみる。

【明治】麦芽、ホップ
【大正】麦芽、ホップ、米
【現在】麦芽、ホップ、米、コーンスターチ

これか〜〜。時代につれ、原料に違いがあるんだな〜。。
なぜ 米やらコーンスターチを入れるようになったんだろう??その時代の嗜好に合わせクセを無くしたのか? それとも、コスト競争により余儀なくされたのか??
おいらにゃ〜分からん。。。

水、ビール、水、ビール、水、ビール・・・・あ”〜腹がタプタプだ〜〜。

ま、兎に角、一番好きなのは芳醇な【復刻ラガー<明治>】だな。。。

どーでもいいことですが・・・┐('〜`;)┌

キリン ラガービール

[ カテゴリー ]
「比較・検討/評価」

[ 関連記事 ]
アサヒ 発泡酒 「極旨」 おつまみ付き
【比較・検証】アサヒビール「プライムタイム(PRIMETIME)308円」 VS 「スーパードライ(SUPER DRY)270円」
サッポロビール「畑が見えるビール」

人気blogランキングへ