連休に妹家族が住んでいる宮城の多賀城と、遠い親戚がある七ヶ浜に行ってきた。
幸いにしてどちらの家も倒壊は免れていた。「あのときはもうダメかと思ったよ〜」と笑いながら、親父と義理の弟と酒を呑めるだけ ありがたいことだと つくづく思った。

東日本大震災 津波 宮城 多賀城 がれき東日本大震災 津波 宮城 多賀城 廃車
多賀城でのがれきの山と廃車置き場。こういうのが何ヶ所もある。

東日本大震災 津波 宮城 多賀城東日本大震災 津波 宮城 多賀城
想像を超える惨状であった。イオン多賀城店付近、壊滅的である。(イオンからの津波映像 YouTube

東日本大震災 津波 宮城 多賀城 沿岸東日本大震災 津波 宮城 多賀城 沿岸 瓦礫
多賀城沿岸部。建物があったであろうところは更地と化し、道端にがれきが積み上がっている。

------------
東日本大震災 津波 宮城 七ヶ浜 沿岸東日本大震災 津波 宮城 七ヶ浜 沿岸
東日本大震災 津波 宮城 七ヶ浜 沿岸東日本大震災 津波 宮城 七ヶ浜 沿岸 コンテナ
七ヶ浜も凄まじかった。
漁船が建物の上に乗り上げ、民家があったところは土台のみを残し跡形もない。
浜にはコンテナが何個も打ち上げられている。

------------
東日本大震災 津波 宮城 亘理東日本大震災 津波 宮城 亘理
その後、親戚の別荘がある(あった)亘理の海岸方面に向かったのだが、海から2, 3キロぐらい離れているとこにまで がれきが打ち寄せられていた。途中交通規制で引き返したが、もう十分。

永遠と何十キロも続く津波の爪痕には、自然の脅威と想像を絶する被害の甚大さを実感させられた。

------------
東日本大震災 仙台駅東日本大震災 仙台駅
街中は平常を取り戻している。仙台駅は全体が幌で覆われていた。

そこには「がんばろう東北!!」の文字が。

復興まで時間はまだまだ掛かると思うが、ほんと頑張ってほしい。そう願いたい。

被災地ではない我々にできることは何か?
私はボランティアに応募するほどいい人ではない。
しかし敢えて思うに、観光でもなんでもいいから、東北に行って お土産を買い、少しでもお金を落として微力ながら東北の経済活動に貢献することでいいのではないか。
なんとかしたいと ふつふつと思っている人達は沢山居ると思う。
そういう間接的な支援もありだと思う。

東北をみんなで応援しよう!