ブログネタ
どうでもいい話 に参加中!
WBS スターリングエンジンまたまたWBS見てたら、スターリングエンジンというのをやっていた。
以前なんかの雑誌で「未来のエンジン」というのを見て、へ〜〜と思ってた。。この技術は、200年ぐらい前に考案されたもので、要は、空気を「暖める/冷やす」で生じる膨張・縮小を動力に変えるものだ。エネルギー効率が良く、ここにきて見直されてるという。。

WBS 鉛バッテリー 古河電池 ウルトラバッテリー古河電池の鉛蓄電池(ウルトラバッテリー)の復権もやっていた。。
昨今バッテリーはリチウムが主流で、鉛は古いものとされていた。だが古河は、リサイクル率が高い鉛にこだわり 地道に研究し続けた。その結果、リチウムに遜色ない優れたものを開発し、攻勢に出るという。。

おいらはこういう話、すんごく好きだ〜(゚∀゚)!!

先人の知恵が今になり脚光を浴びること、古いながらも地道に貫き 陽の目を見ること、なんか とっても嬉しい気分になった。。(^ー^)

江戸時代のリサイクルシステムは、当時の世界最高水準というのも同じく嬉しくなる話。。と同時に、今の世からはもう戻れないと思う虚しさ。。

ちなみに、スターリングエンジンは、ラスカルとは関係ないのは言うまでもない。。

どーでもいいことですが・・・┐('〜`;)┌

人気blogランキングへ